住宅ローンってなんですか?

住宅ローンとは新築・改築や宅地の取得時にかかる費用を金融機関等から資金を借りるローンです。
不動産購入には高額な費用がかかり自己資金だけで購入することは難しいです。
現金一括で購入するとなれば殆どの人は定年退職後にならないと家や土地を買うことができなくなってしまいます。
しかし住宅ローンは住宅購入や土地取得の目的に限定し金融機関からお金を借りることが出来ます。
もちろん借りたお金に対して金利がかかりますので返済時には元金と併せて利息を払わなければいけません。
ですが資金使途が住宅関連に限定されている上に有担保ですからためカードローンやフリーローンに比べ低金利で住宅購入が出来ます。
住宅ローンは公的住宅ローンと民間住宅ローンの2種類に大別されます。
これまでは住宅金融公庫、年金融資など公的機関の住宅ローンを優先的に考えるのが一般的でしたが、公的住宅ローンの住宅金融公庫融資が廃止となり、民間住宅ローンを中心に住宅ローンを組むのが一般的となります。
このような事もあり、銀行やその他の金融機関は独自の住宅ローン商品を扱うようになり、積極的にキャンペーンなどを行うことで顧客を取り入れようとする動きが活発化され、以前様な横並び的な傾向は消えつつ有ります。
住宅ローンと聞くと真っ先に銀行の住宅ローンが思い浮かぶ方が多いですが、最近では保険会社や住宅ローン専門会社も様々な金融機関で住宅ローンを取り扱いしています。
店舗を持たないネット銀行でも住宅ローンを組むことも可能です。
一口に住宅ローンと言っても選択肢の幅は非常に広く自分にあった住宅ローンを選ぶことが出来るようになってきています。
逆に言えば、選択肢が多すぎて何処にすればよいのかわからないという人も多く、住宅ローンを組むには多少の知識が必要ともいえます。興味がある人はコチラへ

住宅ローンってなんですか?